100%失敗しないとは限りません

100%失敗しないとは限りません


100%失敗しないとは限りません
レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。

まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。





100%失敗しないとは限りませんブログ:17-09-12

母が外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
母が外国語を喋れないとやり出すものに、
子どもへの外国語教育がある。

母が外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
子どもの頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れない母はこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かな母たちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が子どもに外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その子どもの脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも子どもというのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

母の意思によって
子どもは外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

母が外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が子どもに勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
子どもに外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。

100%失敗しないとは限りません

100%失敗しないとは限りません

★メニュー

もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシック手術の割引制度を有効活用
レーシックの手術方法を理解しよう
レーシックにおける保険金の給付
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
安全性の高いレーシック手術


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底解剖!レーシック比較サイト