そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。





そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:17-07-07

減量を頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
肉体と心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の1週間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
減量を始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1~2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の1週間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的な減量は大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端な食べる事制限や激しい体操をすると、
肉体をこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
肉体にやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の二週間は、
自律神経を活発にして、肉体の調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
減量を始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いおかしが食べたくなりがち…

3食の食べる事をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
1日100kcalを目安に間食しましょう。

生理中の減量は、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。



そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシック手術の割引制度を有効活用
レーシックの手術方法を理解しよう
レーシックにおける保険金の給付
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
安全性の高いレーシック手術


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底解剖!レーシック比較サイト